生姜湯は寒い季節に欠かせない大切な飲み物です

生姜はこの寒い時季、多くの人々に愛用されているようです。特に生姜湯は広範囲な利用が可能です。 私は冷え症なので、寝つくまでに時間がかかります。そこで、お湯を入れたバケツにすりおろした生姜を入れ20分位足をつけるようにしています。ちなみにですが足湯専用のバケツも販売されています。私にとってその間は本を読んだり、音楽を聴いたりしてリラックスする時間です。 生姜は血液の循環を良くする働きがあるため身体の隅々まで血液を届ける働きがあるので、足湯でも足先までじんわり温かくなります。 また、生姜湯は今、流行が懸念されているインフルエンザやノロウイルスにも効果が期待されると思います。インフルエンザは高熱が出るので、高齢者や子ども達は要注意です。生姜には熱を下げる働きがあるので、生姜湯を作りハチミツや水あめなどを加えて飲みやすくするといいようです。嘔吐や下痢を発症すると言われるノロウイルス対策としても生姜湯は下痢を緩和する効果もあるそうなので良いと思います。 病気以外にも毎日の生活の中で生姜湯を飲むと、身体がポカポカになり健康な毎日を過ごすことができると思います。 オススメの飲むタイミングとしては、朝飲めば体温が上がるので元気な1日を過ごすことができますし、お風呂に入る前に飲むと身体が芯から温まると思います。 生姜を工夫しながら生活の中で効果的に取り入れたいです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ