本場で食べる、広島牡蠣入り絶品お好み焼き。

お好み焼きといえば、広島なんだけれど。私の中では、広島といえば断固として「牡蠣」。というのも、関西圏に居する方々とは異なって、関東育ちの人間にとっては、あんまり粉物に執着がない。なので、広島に行っても、お好み焼きに走らない。広島は瀬戸内に面しているので、粉物よりも、海産物の方に惹かれる。関東から以北にかけて揚がる魚介類とは違ったものが種々揚がるし、同じ種類でも味が異なる。だから広島に赴けば、例えば穴子飯とか鯛料理などに走る。でも、広島牡蠣が出回る時期は、断然と牡蠣となる。もちろん本場なので、牡蠣料理はたんとあるし、やはりそれぞれに美味しい。その中で、全くもって良い意味で見事に裏切られたというのが、昨年食べた「広島牡蠣入りのお好み焼き」。目の前の瀬戸内海から揚がったばかりの新鮮な牡蠣は、焼き縮みしない。牡蠣から出たエキスが染み込んだ生地の中で、広島牡蠣はしっかりとその存在を主張する。それも、新鮮な牡蠣ならではだそうだ。一般的に、焼き縮みするのは、輸送の際に余計な水を牡蠣がとりいれてしまうからという。牡蠣の濃厚な味は、あの濃厚なお好みソースと共に手を取り合い、もっちりとした生地、キャベツと、口の中で渾然一体になると、もうたまらんという感じ。単体のソテーももちろん頂いたが、この「牡蠣入りのお好み焼き」の方が、生地やソース、キャベツの甘みがより牡蠣の濃厚さを引き立てる。広島に行ったら、必ず食べたい一品となった。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ